スイミングの効果

スイミングの特徴としては全身の筋肉を使って泳ぐ有酸素運動なので痩せやすい、筋肉がつきやすいのが特徴です。勿論泳げない人もいるでしょうがその場合は水中ウォーキングという方法があり、こちらも非常に効果的な運動とされています。

その他にも水中でエアロビクスをするアクアビクス、水中で行うため、浮力により膝の負担が軽減されるので怪我が心配という人にも良いでしょう。

泳ぎ方一つでも消費するカロリーが違います。バタフライ、クロール、平泳ぎ、背泳ぎの順番で運動強度が高いので、勿論スピード、個人差ありますが基本的にはバタフライが一番カロリーを消費するでしょう。水中ウォーキングでも背泳ぎに近い運動強度があるので泳げない人でも水中での運動が効果的なのが分かります。

水泳は全身運動なので非常に効果的なトレーニング、ダイエット方法ではあります。しかし、日頃からの生活習慣等が整っていないといくら水泳で全身運動していても効果はあまり得られません。ダイエットを目的としているのなら水泳をしたからと言って摂取カロリーを増やしてはまるで意味がありません。あくまでスポーツの中で非常に効率的で効果的な運動の一つという事を念頭に置いて、日常での生活を見直すことも始めると良いでしょう。

スイミングのマナー

スポーツジムに併設されているプールでのスイミングにはマナー、ルールがあります。勿論難しいことではありません。基本的には周りの他の利用者に迷惑をかけないことが一番です。水泳が得意だという人とそうでない人といるので、苦手な場合は初心者コースへ得意な人は上級者へとコースが分かれています。自分の家にある自分だけのプールでしたら好きなように泳いで大丈夫ですが、周りの利用者も同じようにお金を払って利用しているのでトラブルにならないようにしましょう。

スイミング一つとっても目的は利用者によって様々です。単純に運動不足解消やダイエット、筋トレ、泳ぎを早くしたい、リハビリ…等初心者でも上級者でも目的がバラバラなので理解した上で利用しましょう

時間帯によってはプールが混んでいるときもあるのでその際はバタフライのようなコースを広く使う泳ぎはやめましょう。コースを利用している人は自分だけではないことがほとんどなのでそこも配慮しなければトラブルの原因、怪我の原因になりますので注意しましょう。スポーツジムのプールはテーマパークのプールとは違うので水泳キャップは被るようにしましょう。中には水泳キャップの貸し出しがないスポーツジムもあるのでしっかり準備して向かいましょう。

スポーツジムでの目的

スポーツジムに通う目的は体を鍛えることやダイエット、健康維持、コミュニケーションをとる等様々あります。基本的には体を鍛えたりダイエットが目的の人がほとんどですが、スポーツジムは通ったことがない人はどこか恥ずかしかったりして敬遠する人も多いです。スポーツジムですとお金もかかるので経済的な面でも敬遠されがちですが、スポーツジムには非常に様々な種類の設備があり、専門的な知識を持っているトレーナーさんもいます。

効率的なダイエットや筋トレをしたい人には非常に恵まれた環境があるといえるでしょう。主に肥満になっていたり、筋トレが必要な体になる原因の大半は不摂生や運動不足なのでどのみち自分自身に甘い人が多いと言えます。日頃からの節制や運動ができている方は大丈夫でしょうが、それができていない方はお金を払ってもスポーツジムに行かなければならないという状況を作るのが良いでしょう。

スポーツジムに通うといってもお仕事をされている方がほとんどですので、行ける日や時間帯が限られてきます。今では24時間開いているジムもあります。また、習慣づけるためにも行く日時を決めた方が上手く長続きする人も多いです。勿論少し高額になりますがフルタイム使えるコースでも良いですが、いつでも行けるという環境が甘えにつながる可能性もあるので気を付けましょう。

スポーツジムで何をするのが良いのかと最初は迷いますが基本的には有酸素運動です。その中でも全身運動になり効率の良いスイミングがおススメです。当サイトではスポーツジムでできる事によるスイミングについて説明します。